新しいレジ

新たなレジスター導入のすすめ

昔ながらの数字と金額を手入力するレジスターから、現在ではPOSレジという自動で集計などを行なってくれるレジスターが主流になってきています。 小売業界では小規模店でもどんどんPOSレジが導入されていて、集計ミスの軽減や販売計画にデータを生かしたりなど、様々な経営戦略に用いられています。 パソコンなどと組み合わせることにより、さらなる詳しいデータ分析をすることができて、売れ筋商品や死に筋商品を把握したり、売上げ傾向をリアルタイムで確認することができます。 細かな売上げ分析をするのにも役立ち、不要な在庫を抱えることなくスムーズな経営をするのにも役立ちます。 データは様々なところで生かすことができるので、売上げアップにも大きく貢献してくれます。

飲食店でのPOSレジの普及

最近では小売店だけでなく、飲食店などでもPOSレジが導入されてきて、業務改善や売上げ向上などに大きく役立っています。 最初にオーダーを取る、ハンディターミナルという端末で客からのオーダーを入力すれば、それが即時に厨房に繁栄されます。 それと同時に会計用のPOSレジにもデータが流れ込んで、お客様が退店する時の会計をスムーズに行うことができます。 一番最初のオーダーを取る時のみメニューを入力するだけで、全ての工程にデータが繁栄されますので、人為的なミスの削減と業務の効率化を図ることができます。 これらのメリットが充分生かされていて、POSレジを導入する飲食店は増加傾向にあります。 また、売り上げデータはリアルタイムで把握する事ができるので、店舗経営にも生かすことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加